• エイジングケア化粧水は年代で選ぶのが正解

    年齢を重ねていくにつれて、肌にはシミやシワ、透明感の低下やフェイスラインのたるみなどのトラブルがあらわれやすくなってきます。

    化粧水のエイジングケアの基礎知識をご説明をしたいと思います。

    これを改善させるためにはエイジングケア化粧水を利用するのがおすすめです。エイジングケア化粧水を上手に使いこなすためには、自分の年代にあわせて選ぶのがポイントになってきます。



    30代は肌の中の保湿成分の現象が自覚しやすくなる年代です。

    なので保湿力の高い化粧水を選ぶことで、効果的にエイジングケアを進めることが可能です。

    プロテオグリカンやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分配合のものを選んだり、保湿成分が肌に浸透しやすいように低分子化されているものを選ぶようにしてみましょう。

    40代は肌の保湿成分がピーク時の半分以下になる年代です。
    30代同様に保湿力の高い化粧水を使用しつつ、乳液やクリームを使って油分を補っていくことも心がけていきましょう。

    これに加えて40代からは肌の新陳代謝も衰えてきます。古い角質が長く残り続けるため、透明感が低下したり肌が硬く感じることも少なくありません。

    これをケアするためにはプラセンタエキス配合の化粧水を使用して、肌のターンオーバーを上げるのが有効です。



    50代60代以降の年代は、肌の乾燥に加えてバリア機能の低下が目立ってきます。

    これをカバーするには保湿を意識することと同時に、肌にかかる刺激を減らすことが大切です。

    アルコールや鉱物油、香料などカットされたスキンケアアイテムを使うようにしてみましょう。