ボトックスのしわとり

まずは、プチ整形について。
プチ整形とは、ヒアルロン酸注射やボトックス注射など、メスを使わずに施術する整形術の総称となります。
では例とともに効果をご紹介します。

{ボトックス注射}
ボトックスを皮膚に注入すると 筋肉の緊張が弱まり、表情を変えてもしわが出にくくなります。
また注射器を使った短時間の治療で、副作用や痛みの心配などもありません。
定期的に接種することが好ましい。
エラ治療、タルミ、ワキガの治療にも使われます。

{効果}
「シワ・小ジワ」
目尻、眉間、額などの表情ジワの改善に効果的です。

「えら治療」
そしゃく等で発達してしまったえら部分に「ボトックス注射」することで、緊張したえらをほっそりさせ、角ばった輪郭を改善します。

「たるみ」
極めて微量のボトックスを皮膚の浅いところに注射して、筋肉の表面繊維だけの働きを弱めることによって、顎から首に、ほうれいせんの横の肉、眼の下のたるみのリフトアップが期待できます。

「わきが・多汗症」
「ボトックス注射」は多汗症の治療としても人気があります。
交感神経がブロックされ、発汗が抑制されます。

{治療内容}
施術自体は5分から10分で終了します。(しわの場合)
表面麻酔を使用し、痛みはありません。
メイク、入浴は当日から可能で注射の上にメイクをしても大丈夫です。
メスを使わないので傷跡の心配もありません。